天気の子 @neo

3.0
天気の子 @neoアイキャッチ画像

こんばんは、neoです!

一昨年、劇場で天気の子を観たのですがその時の感想文が見つかったので今回は「天気の子」について書きます!

映画『天気の子』スペシャル予報

やっぱり新海監督の作品は映像が圧倒的に綺麗で、音楽も良い!
それから天気の子については、時代の流れに合っているところが何より良いなって思いました。

基本的にはファンタジーで、キャラクターも実際にはいないんじゃない?ってくらいまっすぐな子とかなんだけど、日常設定がとにかくリアル。

新宿駅付近の様子や(新海監督ってさ、新宿大好きだよね。私もよく行ってたから見慣れた風景がたくさん出て嬉しい)、ネカフェやマックやスマホの着信音、ヤフー知恵袋。。
途中ホテルでカラオケするシーンではAKBの恋チュンや星野源の恋を踊っていて、めちゃくちゃリアルさが追求されている。

どれだけ見る人に共感させるか。
どれだけ「もしかしたら本当にあるかも?」ってわくわくさせてくれるか。
そこのところが抜群に上手い。

そして、豪雨による被害を扱っている点も、現代の日本そのままでした。2019年の関東の梅雨はいつもより長くて、晴れないかなぁって会話が数え切れないくらい交わされていたと思う。


ただ晴れるってだけで、救われることがある。
それは物理的なものもあるけど、感覚的なものもとても大きくて。
人間と天気は切り離せない存在ってことをより実感しました。

豪雨で街の様子が変わり果てても、電車に代わる乗り物で通勤していたり、人間が順応して暮らしていく様子も興味深かったです。
こういうことが起これば、日本はたぶんこうなるんだろうっていう想像がものすごく現実的に思えたし、どんなことになっても決して屈さないで暮らしを続けていくっていうところに勇気をもらえました。

肝心のストーリーはまぁ好みの問題だと思うけど、ちょっと単純でわかりやすすぎると感じたので、neoとしては新海作品の中で一番好きな「君の名は。」にまでは届かなかったです。
警察が悪者みたいに描かれてるのもうーんってちょっと思いました。彼等は正しく業務をしているだけなのにって。

とは言え感動して泣いたし凪くんのキャラがかなり好き(凪くんが姉ちゃんを返せ的なセリフ言ったところで号泣)なのもあって、星3かな。

新海監督が次はどんな作品をつくってくれるのか楽しみです♪

コメント