おとなの事情 @neo

おとなの事情 @neoアイキャッチ画像

こんばんは、neoです!

本日は2016年公開イタリアのコメディ映画「おとなの事情」(原題/Perfetti sconosciuti)について書いていきたいと思います!

スマホを使ったゲームがとんでもないことに!?映画『おとなの事情』予告編

まずあらすじをざっくりと。

舞台は月食の夜、3組の夫婦+1人の男性による食事会。7人は男性側4人が元々友人同士で、家族ぐるみの付き合いのような関係です。

最初は普通に会話と食事を楽しんでいるのですが、ちょっとした出来心から、その会の間はスマホをテーブルの上に出しておいて、メール・電話など受け取った場合全員に公開するというゲームを始めることに。

誰も何も疚しいことはないよ、なんて言いつつだんだんと秘密が暴かれていく…。そんなストーリーです。

観終わった感想は、

月並みですが、

いやぁ、、人間って怖い。

何もないような顔をして大切な人を裏切っていたり、黙っているからわからないだけでとんでもないことをやらかしていたり。

その秘密がたっぷり詰まったスマホの存在も怖い。

だって考えてみるとスマホがここまで普及する前、もっと言うと携帯電話が世に出てくる前なんかは人とのやりとりってそんなに残るものじゃなかったわけですよね。それが今はデータ化されて何もかもが残る時代。

秘密を作ろうと思っていなくても何でも残ってしまうんですよね…。

親しき仲にも礼儀あり。他人のスマホは見るものじゃないってことは大多数の人がわかっていることだとは思いますが。

それでも気になって見たくなってしまうのがスマホの恐ろしさ。浮気・不倫を取り押さえる証拠の品として圧倒的人気を誇っていますしね(当社比)。

で、この登場人物たち(主に女性陣)は、他人(主にパートナー)のスマホを見てみたいという好奇心に負けちゃうわけですけど。男性陣、あきらかに嫌がっております。

ただ、ペッペだけは違った。

ペッペは唯一単身で参加しており、みんなに彼女見せろよ~と言われていじられキャラっぽい感じなのですが、実は彼のお相手は彼氏なんですよね。みんなにずっと言い出せなかったけれど同性愛者だったんです。

それをゲームを使ってカミングアウトしたかったから、ゲーム賛成派だった。

でも彼の想像していたカミングアウトにはならず、途中カルロッタからスマホ交換を懇願されたことから予期せぬ感じでバレちゃうんですよね。そんで偏見ありまくりのコジモから酷い言葉を浴びせられる。

このコジモはね、絵に描いたような最低男ですね。クズ。以上。

コジモと不倫に溺れているエヴァも最低。娘に心を開いてもらってないことでなんか傷ついてるけど自業自得にすら思えます。

こいつら2人はベスト・オブ・クズ。

対称的に、コジモのパートナーであるビアンカとエヴァのパートナーであるロッコはまともな人たちなんですよね。

ビアンカは元カレとやりとりしているのがバレますが本当に疚しくない関係だったし、ロッコに関しては良いパパすぎるでしょ。娘への電話の言葉とかお手本のように素晴らしかったです。

初体験を、後から思い出したときにどんな気持ちになるか。幸せな気持ちになれるなら止めないけどつらい思い出になるならやめとけみたいなセリフね。こりゃ娘もパパを頼りにするわっていう。

カルロッタとレレの夫婦は…もう…うん。お互い冷めてるしどっちもどっちである意味お似合いかも。パンツ履いてないは笑う。

そんな感じで、最初は笑えるレベルの軽めの秘密バレから徐々にヘビーになっていき、最終的には取り返しのつかない地獄絵図…と進むこの映画。

すごいところは、実はこれパラレルワールドだったっていうオチ。

突然の切り替わりに、neoは混乱し理解できませんでした。neroが教えてくれました。ありがたい。

つ・ま・り、ゲームをしようという流れになるところまでは現実ですが、ロッコが止めたおかげで実際は行わなかったんですよね。今まで見せられていたのは「ゲームを始めていたらこうなっていたよ」というパラレルワールド。

ゲームを実施しなかったからみんな何食わぬ顔で帰宅していくとこでエンド。良かったのか悪かったのか…。

コメディ映画ってことですがあははって笑えるものではなく、観てどっと疲れました。

ので、おもしろいはおもしろいけどもう1回観る元気はないってことで星3。

人間関係のドロドロが好きな方にはおすすめです。

コメント